特に年末年始などになると、20~30代の男性の方でも、多くの子どもたちと接する機会が多くなるのではないでしょうか。
家族がある方はもちろん、独身の方でも甥っ子や姪っ子と接することがあるでしょう。

そんな時、子どもたちともっと仲良くなれればいいのにと思う男性の方は、少なからずいらっしゃるハズです。

自分は子どもには好かれないタイプだとあきらめてはいないでしょうか。
一方で、僕自身は、我ながらですが、子どもには好かれるタイプだと思います。

大体、7~8歳くらいまでの子どもたちと仲良くなれるヒントを、僕なりの経験から紹介したいと思います。

子供とはしゃぎまわれば、運動になってダイエットにもなるんです。

リラックスしましょう!

子ども相手に取る大人のあるある行動として、「お名前はなんていうの?」などとハキハキとした物言いで話しかけ、積極的に仲良くなろうとするものがあります。
ハッキリ言って、それは最悪の接し方です。仕事ではないのです。子どもから見れば、男性は大きな大人であり、何よりもまず恐いと思うものです。

なので、まず屋外なら出来るだけ座って接し、屋内なら寝転ぶのが一番いいでしょう。しゃべり方は、ゆっくりと優しく、そして子どもの言葉をゆっくりと待つことが大切です。
慣れてきたら、しゃべるよりもスキンシップを多くした方がいいでしょう。軽くたたきあうと特によく喜ばれます。

勝負をして、派手に負けてあげましょう!

いつの時代も、小さな子どもたちにとって最高の遊びは、相撲と駆けっこです。
男女構わず、ほとんどの子どもは、この2つに目がありません。

相撲をする時には、負けるのが一番です。元大関、小錦関は巡業先にゆくと子ども力士相手に派手に負けて、子どもたちを大いに喜ばせていたものです。

子どもに投げられたら、ただ倒れるのではなく、遠くに飛ばされるようにすればより喜ばれるでしょう。僕はいろんな子どもにこの芸を見せましたが、もれなく大喜びしてくれました。
駆けっこでも負けてあげて、かつ派手に悔しがれば、子どもたちに大うけするのはほぼ間違いないです。

ダイエット茶のすすめ

メタボ気味のお父さんにおすすめしたいダイエット茶がメタボメ茶です。メタボメ茶の口コミを見ても、痩せる効果は高いです。

できるアピールには、大いにつきあってあげましょう!

子どもというのは大体、自分ができることを自慢したがるものです。
縄跳びの二重飛びができるとか、一輪車に乗れるとか、暗算ができるとか。

子どもがそういうことを口にしたら、実際に披露してもらい、ちゃんとできれば大いにホメてあげましょう。
できなくても、それができるまでじっくり待ってやれば、できた時に一緒に大きく喜び合えます。そうなれば、絆はより深まるでしょう。

回りに大勢の子どもたちがいる場合は、一気に自慢合戦になるかも知れません。
誰もが得意の芸を披露し、ちょっとしたエンターテイメントになる可能性もあります。
大人でも見ているだけで大いに楽しめるのではないでしょうか。

一番大切なのは、「自分が子どもだったら、こういう大人がいて欲しいなと」い思う大人を目指すことです。
どうやっても子どもに好かれないタイプの大人など、この世には存在しないのです。